未分類
0 Comments

あっという間にみずがなくなりました。

モニターになりませんか?と言われて、初めて我が家にウォーターサーバーがやってきました。憧れてはいたけれど、浄水器もあるしとずっと断っていました。本体無料、水も2本無料で、お試しで終わって構わないという、こちらには願ったり叶ったりの条件でした。

我が家のエリアにもいくつか業者があって(参考:ウォーターサーバー名古屋.com
そのうちの1社がモニターをやっていたんですね。

私も初めてなら子供達も初めて。珍しいし、我が家にこんなに楽しいおもちゃもどきのものが来たので大興奮で、なかなかサーバーから離れませんでした。お水はすべてサーバーから自分達でいれてゴクゴク。お茶や紅茶もお湯で入れられることを認識したら、急須をもっていき子供達のみでお茶をずっと飲んでいました。お味噌汁もインスタントで欲しがるようになっていました。

サーバーがきてからは、お手伝いもよくしてくれましたし、私も浄水器が面倒に感じてしまうようになって、レバーを押すようになっていました。そんな3日目。タンクがひとつ、空いてしまいました。周りで使っている友人たちに話すと、それは早すぎるとビックリされました。

どうせなら、使うだけ使って、あとは元の生活に戻した方がいいと思い、残りのタンクも好きに使いました。使い切った時には、なくなっちゃったねという気持ちと、これは我が家には向いてないなと改めて気づかされた複雑な気持ちでした。