未分類
0 Comments

都会の自転車のあるある話

立川に住んでいた時、家から仕事場まで、自転車で通勤していました。

まず、雨の日は傘をさしながらという結構至難の技でした。視界が、見えにくい為、ぶつかりやすかったです。

あと、都会ならではな、気がするのですが、やたらお巡りさんにとめられて盗難自転車じゃないかを確認されます。2〜3日前にもされましたけど、、と、何回いったことか。

あと、お金をけちって、みんな、とめてるとこに一晩とめようもんなら、だいたい盗まれています。ちょっと笑えたのは、盗まれたはずが、その、次の日に戻されていた事です。

あと、路上にとめていて、もっていかれ、取りに行ってお金を払うパターンのやつもよくありました。何回も行くと逆に買った方が安くつきます。

他には、それこそ、ハンドルが向かいの自転車と接触し、こけて、私はスカートだったので、ストッキングはやぶれるわ、かごの荷物はとびちるわ、カバンの中も道端に散乱し、車にその荷物がひかれてだめになったこともあります。

1番の記憶に残っている事は、彼氏と別れて、半泣きで自転車に乗りながら帰っていると、向かいからきた自転車と接触、膝小僧など出血するも、私はそれどころではなく、いたかったのですが、振られたショックの方が大きくて、ぶつかった自転車の方もあやまっていたのですが、もういいですと、散らばった荷物を集め、くじいた足をひきずりながら、何でこんな不幸続きなんだとさらに悲しくなってきて、1人自転車をおしながら、大泣きしながら帰っていると、案の定、また、警察にとめられました。

しかも私も大泣きしていだし、怪我もしていたしで、なおさら、怪しまれ、自転車の登録番号からカバンの中まで見られました。その後、どうしたの?等と、尋ねられ、事情を話すと、哀れに思ったのか、家まで一緒に帰ってくれました。

あと、全く違う話しになるのですが、夏になると、一直線の坂道などは決まって、ゆずさんの夏色を口ずさみながら自転車をこいでいました。

歌詞に、この長い長い下り坂を、君わ自転車の後ろに乗せてブレーキ一杯握りしめてゆっくりゆっくり下っていくというフレーズが大好きで、そこばかり歌いながら下り坂をこがずにサーっとおりていくのが、とても爽快感があり、すきでした。

他にも学生ローンを経験した話とか、(こちらに詳しく書いてます:学生ローン立川.com
立川にはいろんな思い出があります。
あと、昔の話しになりなすが、小さい時にお兄ちゃんの自転車の後ろにのって、ジャリ道を通っていて、後ろの車輪に私は足をまきこまれ、こけて傷だらけになって家に帰り、お母さんに手当てをしてもらい、その日は、某歌手のディナーショーかなんかで、私はお花を渡す事になっていて、絆創膏だらけでいった記憶があります。

未分類
0 Comments

ディズニーリゾートに行って来ました

3月1日が入籍1周年だったので、旦那と2人で2月28日から東京ディズニーランドと東京ディズニーシーへ行って来ました。

私と付き合うまではディズニーになんて全く興味のなかった旦那。

しかし、去年の夏にミートミッキーに行ったことを機会にキャラクターグリーティングにどハマりした旦那。

前回サインをキャラクターにもらっている人たちを見て「絶対もらおうね」と行く前から意気込んでいたので、ペンとノートを準備してグリーティングへ。

ディズニーランドではグリーティング施設でドナルドとデイジー、フリーグリーティングでドナルドとクラリスとスクルージ(ドナルドのおじさん)と出会うことが出来ました!

ディズニーシーではグリーティング施設でミッキーとミニー、フリーグリーティングではピノキオ、ゼペットじいさん、スティッチ、エンジェル、ジャファーに。

ピノキオにサインをお願いすると書き終わるやいなやゼペットじいさんがしっかりとスペルのチェックに。

ちゃんと合格をもらって喜ぶピノキオ。

2人のやりとりがとっても可愛かったです!

帰りに旦那はなぜか薬局へ。1年ですっかりたくましくなった腹回りに漢方を飲み始める決意をしたそうです。
しかしなぜこの日に(笑)

未分類
0 Comments

あっという間にみずがなくなりました。

モニターになりませんか?と言われて、初めて我が家にウォーターサーバーがやってきました。憧れてはいたけれど、浄水器もあるしとずっと断っていました。本体無料、水も2本無料で、お試しで終わって構わないという、こちらには願ったり叶ったりの条件でした。

我が家のエリアにもいくつか業者があって(参考:ウォーターサーバー名古屋.com
そのうちの1社がモニターをやっていたんですね。

私も初めてなら子供達も初めて。珍しいし、我が家にこんなに楽しいおもちゃもどきのものが来たので大興奮で、なかなかサーバーから離れませんでした。お水はすべてサーバーから自分達でいれてゴクゴク。お茶や紅茶もお湯で入れられることを認識したら、急須をもっていき子供達のみでお茶をずっと飲んでいました。お味噌汁もインスタントで欲しがるようになっていました。

サーバーがきてからは、お手伝いもよくしてくれましたし、私も浄水器が面倒に感じてしまうようになって、レバーを押すようになっていました。そんな3日目。タンクがひとつ、空いてしまいました。周りで使っている友人たちに話すと、それは早すぎるとビックリされました。

どうせなら、使うだけ使って、あとは元の生活に戻した方がいいと思い、残りのタンクも好きに使いました。使い切った時には、なくなっちゃったねという気持ちと、これは我が家には向いてないなと改めて気づかされた複雑な気持ちでした。

未分類
1 Comment

知らないことを教え合う世界

今、はまってしまっているドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の中で、

結婚せず、独身のまま、キャリアウーマンとしてバリバリ働いている、ゆりちゃんが言うセリフ。

子供を産まなかったことを後悔してる?と聞かれた時の答え。

「すべてを知るなんて無理なんじゃないかな。」が、ずっと心に残ってます。

すべてを経験するのも無理。

そして、このセリフは、お互いに知らないことを教え合う世界って、素敵じゃない?と続きます。

すべての人が、すべての経験をする世界って、逆に不自然。

いろんな人が、いろんな経験をして、それぞれが経験してないことを教え合うって、

本当に素敵だと思います。

いろんな生き方、いろんな人を認める、多様性を認める世界って、

誰にとっても生きやすい世界だと思います。

子供を持てなかったこと、ずっと独身で働いてきたこと、

今さら、後戻りしてやり直すこともできないので、

今、経験していることを、一生懸命経験するのが、一番いいと思います。

とても素敵なセリフだなと思いました。